静音の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 見失ったたいせつなもの

<<   作成日時 : 2007/01/18 19:17   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 2

こころが重い
こころがつらい
とにかく気力がない
なにもやる気がおこらない
でもいつもなにかに追われている
そして
ずっとなにかを忘れようとしている

それがなんなのか
すこしみえてきた
わたしにそれはとってたいせつなもの

それがとてもとても
たいせつなものであったからこそ
そうせざるをえなくて
でもそうすることで
どんなにわたしを痛めつけてきたかを
はじめて知る

わたしがもっとちがうふるまいができたなら
もっとうまい解決方法がみつけられたかもしれない




相手にだけ期待して
わたしはいったいなにをしてきたというのか
なのに今になって、そのことに気づいて

呼びかけたとして
そのことに気づいてくれるだろうか

星のない夜にこころはくらい



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
こうして生きざるをえなかったことを理解してもらいたくて
 春はいつも足早に  ひとの哀しみも  くるしみも知らん顔 ...続きを見る
静音の小径 其の2
2017/04/24 00:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とても素敵な詩ですね。
ののはなさんのオリジナルですか?
感動し、考えました。今の私もそうなのです。
自分勝手な私は、たくさんの人を傷つけてきました。
それに気づいたときは遅く、たくさんの大切なものを
失いました。だけど、こんな私ですが暖かく見守って
くれる親友がいます。そして、家族、親戚が・・・
今からは、背伸びしないで自分らしくそんな人たちと
付き合っていきたいものです。本当に自分を見失って
ばかりのわたしです。こう思えたことに感謝します。
ゆたかにみのる
2007/01/22 22:38
ゆたかにみのるさん
こころからあふれてきてどうすることもできない言葉はあるものです。それを詩と呼べるのか知りませんが、あなたにも共感される何かがあったと言うことが、わたしに何かを感じさせ、こころの奥で共鳴の音が響いています。人は自分を支えてくれている人たちに囲まれて、知らず知らずに生きているのですね。ゆたかにみのるさんも深い井戸をもっていらっしゃるのですね。
ののはな
2007/01/23 22:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
見失ったたいせつなもの 静音の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる