静音の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 退職旅日記−女神湖畔

<<   作成日時 : 2009/08/02 00:32   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 28

画像


ホテルへの帰路
女神湖ちかくで陶器のギャラリーをみつけた
カフェでもあり、
長野の作家たちの作品の発表の場となっている
小川のほとりで 奥には工房もあった
陶仙房という森のギャラリー

画像



ホテルでは2時間のフルコースのお料理がでて
昨日は食べきれなかったので
今日は早めに宿で夕食のアポイントを取り
カメラだけもって湖畔を散歩

画像

そこには
な・なんと愛らしいカルカモの親子
ろこさんも以前行かれたとき
この愛らしい親子に会われたのですね
今は何組もの家族で暮らしているようでした


夕暮れ間近の湖畔を静かに散歩なさる方
合宿所があるのでしょう
ジョギングしている高校生や大学生


画像 「女神湖のユウスゲ」 
 と題した説明板には
 かの地のユウスゲは
 軽井沢町植物園から贈られたもので
 その由来もあった

 ユウスゲを愛した美智子皇后が
 ユウスゲの少なくなったことを案じ
 東京から種を届けられたとか



     かの町の野に求め見し夕すげの
     月の色して咲きいたりしが
                   皇后美智子






 女神湖ももう少しで日が落ちる
 西にも山があるので
 何もかもがシルエットになりそうな...


画像






日没前に、ようやく撮れた クガイソウ
その青紫色がでてよかった

画像



 この言うにいえぬ濃い青紫の
 その色ゆえに心惹かれる
 ホソバトリカブト
 こんなところで会えてうれしいな

画像





やっぱり会えたね
吾亦紅
この吾亦紅で染め物をすると
すてきなピンクに染まる
昔、吾亦紅という名の同人誌を作っていた

画像








 木の下から
 太陽を求めてずんずん伸びている
 メタカラコウ

画像





















画像

 ホテルの日本食の部屋で
 「ここが一番いいお席です」
 「庭全体が見えてうれしいわ。
  ところで、昨夜は量が多くて...」
 「あの..二品多くと承っておりますが」
 そうだったのか
 次男の気配りだったのか





窓からの空は刻々と色を変え 
庭の植物たちも 闇に紛れはじめる
と、空が青くなったかと思うや紫がまじり そして茜色に
気もそぞろになり
ちょっと抜け駆けをして 湖面に走る

得も言えぬ空に...
今日ほど楽しい思いをしたことはないって思えるほど...
人がこんなに好きだったのかと思うほどの
人の心の気持ちよさにふれ
これ以上の幸せはないって思っていた

なのにこんな贅沢
自然がくれたすてきなプレゼントにびっくり
ありがとう
こんな夕焼け見ただけで
もうなにもいらない...
ありがとう

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
山の明け暮れは心に残りますね。
花も、ののはなさんに微笑んでいるようですね。

すてきな風景、そして写真ですね。
いいときに行かれたようですね。
近くなのですが、もう何十年も行っていないようです。

佐久からのバスがなくなりそうなので、
近いうちに行こうかと思っています。
ただ、休日にいい天気の日が無くて、

今日は、五稜郭方面に行かなくてはなりません。
オコジョ
2009/08/02 05:59
すばらしい高原の旅でしたね。ちょっと寒いくらいだったかと思いますが、高原にはもう秋の気配があります。一番いい時期に旅をされました。ユウスゲはやさしい色、静かに高原の夏の夕暮れを彩ってくれます。なかなかいい時期にめぐり合えない花です。よかったですね。
森の生活
2009/08/02 07:55
素敵な自然を満喫されたようですね。
カルガモ、ユウスゲ、吾亦紅・・・
そして、息を呑むほどの夕焼け。
お食事も豪勢でしたね。
素晴らしい高原です。思い出に残る旅となりましたね。
庭花
2009/08/02 11:20
はじめまして。京都に住むkeiと申します。

お心のこもった退職記念の旅のプレゼント。
ののはなさんの深い思いに沿いながら、
ご一緒に(勝手ですが)歩かせていただいております。

贅沢ともいえる美しい光景。
「もうなにもいらない…ありがとう」
お言葉、心に染みいるようです…

お仲間に加えていただけたら嬉しい限りです。

http://blog.goo.ne.jp/kyoto-10nen/
「京の辻から」
思いますことを綴ったりしております。
お時間が許せばぜひ一度、
ご感想などお聞かせいただけないものかと願います。
kei
2009/08/02 12:18
今晩は
ユウスゲを愛した美智子妃殿下が東京から種子まで送られて少なくなったユウスゲを蘇らせて欲しいとの願いが多きなったのでしょうね。
chiharu
2009/08/02 20:24
美しい画像です。
最後の夕日なんか、何かのポスターかと思いました。
カルガモの親子、親が子供の挙動に目を光らせているのが、よくわかります。下手に近づくと親が向かってきます。
ひるま
2009/08/02 20:40
この女神湖畔といい八島ヶ湿原といい、素敵な自然と触れ合って
ののはなさんの心も自然の懐に溶け込んでいきそうですね。
それにしても優しい息子さんで・・・
人、自然の優しさ、うんと満喫してくださいね。
魔女
2009/08/02 20:50
この夕焼け、の美しさ。
言葉を失いますね。
これを見れた、ののはなさん。
幸せが伝わってきました。
女神湖という名前も素敵ですね。

お一人の旅行なんですか。
うらやましいくらいの旅ですね。
今まで、がんばってこられた
お母さんの 背中を見て育った
息子さんたちは、
立派な親孝行ができました。
スバラシイです。
きらり
2009/08/02 21:31
◇オコジョさん♪
夕暮れ時はいつも寂しくて...って性格だったのですが、この夕焼けを心待ちにするようになってからが夕暮れ時が嫌いではなくなりました。こんなすばらしい空。空は芸術家だとつくづく感心します。そうですね。ここのところ東京も雨がちです。バスがなくなるのですか。赤字路線なのでしょうね。困ったことですね。こんなとき、公共性って何だろうって思いますね。今日は故郷で法事ですか。あの緑のなかにいらっしゃるのですね。
ののはな
2009/08/02 22:39
◇森の生活さん♪
そうなんですか。これからもっと夏らしい暑いところになるのかと思ってましたが。驚いたのはホテルにクーラーがなかったこと。きっと必要ないのねって思ってましたが。ユウスゲに出会えてのもラッキーだったのですか。どこまでもついていた旅でしたね。一生この日々のこと忘れないようにしっかり記録しておこうって思います。それにおつきあい下さってありがとう!
ののはな
2009/08/02 22:42
◇庭花さん♪
一番のごちそうはやはり夕暮れ時の湖でした。興奮してその夜は星空を見るのも忘れてしまいました。食事はこれは宿のHPの定番で、これプラス二品で、何にしましょうって前日に訊いてくださったので、「わがままですみませんが、肉と川魚がだめで...」それ言ったら山の中で何食べるんだよってなりますよね。湯葉や山菜えびなどを使って上手にアレンジしてくださって、料理人の方にも感謝感謝でした。こんな贅沢をしたことがないので、1kgも太ってしまいました。ごめんなさいね。写真ばかりで。おつきあいしてくださってありがとう。
ののはな
2009/08/02 22:48
◇keiさん♪
はじめまして、keiさん。こんな拙いブログにようこそ。今回は生まれてはじめての旅行なるものをして有頂天になっているののはなです。ま、おおめに見てやってください。こんなすばらしい夕焼け空もはじめてでした。日本って捨てたもんじゃないって思いました。
ののはな
2009/08/02 22:53
◇chiharuさん♪
夕すげって名もすてきですよね。彼女は本当にすごい人だなって。それにしても東京の一等地を占拠して時々ずるいなって思うのですが、それ以上にあの中にいる人たちに人権がないのがお気の毒で。ま、今回の旅ではあちこちで天皇一家の名を目にして思うところありました。
ののはな
2009/08/02 22:56
◇ひるまさん♪
おひさしぶり!
そうですね。カルガモのお母さんしっかりガードを固めていましたよ。いづこの子どもも可愛いなって思いますね。
夕焼け空が湖面に映って刻一刻と姿を変えていく、あ〜あ動画も撮ればよかった...って今は後悔しているくらいです。すばらしい、一生忘れられない風景でした。
ののはな
2009/08/02 22:59
◇魔女さん♪
そうなんです。この旅から帰ってきてもわたしは人が変わったようになってしまいました。自然の力ってすごいです。ホテルの人たちも気持ちのいい人ばかりで...朝ご飯のチケットなくしたって夕食の時に言ったら、食事を運んできてくださる方がホテルの人に言っておいてあげますよって。で、ピアノの夕べが終わったら、新しい紙にまた書いてくださったの。人ってこんなことでも気持ちよくなれるのですよね。
ののはな
2009/08/02 23:03
◇きらりさん♪
ありがとう!いいえ、ふたり旅です。喧嘩するなよって息子に言われたのですが、喧嘩ばかりの旅でした。喧嘩する相手もあり これもまた人生の彩りか ってとこです。
どうやら次男が企画して、三男が夜にうちに来て母の様子を見てくれました。長男は?たぶん仕事で忙しいのでしょう。
女神湖って人造湖ですけれど、小さくてなおよかったですよ。周りには少ししか建物がないし...ほんとにここを散策するだけでも十分楽しめるところでした。ホテルも3・4階に客室があるだけ。1・2階は玄関側は地下で、玄関から見ると二階建てに見えました。湖側から見ると四階建て。とっても静か。と思ったら、地下通路って感じで三カ所に点在している建物が一階で、みなつながっていました。で、一つの建物には人が少ないのでほんとうに静かでくつろげました。
ののはな
2009/08/02 23:12
ののはなさん、おはようございます。
ほんとに良い旅をなさいましたね。
こんな夕焼け見ただけでもうなにもいらない・・・
同感です。
自然はどんな芸術作品より優りますね。
私もこんな夕焼けを見たくなりました。
雑記帳のhiro
2009/08/03 09:58
神様からのご褒美のような旅ですね。ののはなさんの今までのご苦労に対するプレゼントでしょう。
花の色というのはどのような色でも緑色によく合うのですね。緑が花の色を更に引き立てています。
豪華な食事の上に二品多くとの息子さんの心配りが、更に料理を美味しくさせますね。
夕焼けは本当に人の心を豊かにします。我が家も西の方角が山並みになっていて見事な夕焼けが楽しめる日があります。そんな時はやはり幸せを感じます。
くるみ
2009/08/03 14:36
今晩は
こんな環境の良いところで飲むコーヒー美味しいでしょうね。女神湖の野草も綺麗ですが沈む夕日のシルエットになっている山並みも良い感じです。水面が鏡になって夕景を良く引き立ててくれていますね。
chiharu
2009/08/03 17:30
◇雑記帳のhiroさん♪
ほんとすばらしい夕焼けでした。あんな夕焼けはじめてです。とにかく動画であの変化をすべて撮っておきたかったの思うほど。でも心の中にそうやって撮っておくってのもすばらしいことなのかもしれませんね。写真より現実はもっとすごかったです。是非、hiroさんもさがしてください。きっといつかどこかで出会えると思います。
ののはな
2009/08/03 22:10
◇くるみさん♪
おひさしぶりです。神様からのおくりものだったのかもしれませんね。いろんなことがあった人生です。決して平坦ではなかった。そして自分を鍛えてきた。だから今日はこんなに幸せを感じられるのかも知れません。ただの一度も自分のために旅行したことがないことを子どもたちは知っていたのかもしれない。この写真+2品でほんとうに動けなくなりました。でも2時間かけてゆっくり食べたのでなんとか。なによりその気持ちがうれしいですね。
くるみさんのところはいいところだからきっと気をつけていればそんな夕焼け空に出会えますね。ほんと一瞬ですから。心がじわっとしてきますね。
ののはな
2009/08/03 22:16
◇chiharuさん♪
そうなんですよね。山に沈むだけではなかったのです。湖面に空が映ってそれはそれはすばらしいのですね。このロケーションはどこで見られるかって考えていたのですが、なんと宿の食事中とは。ちょっとおトイレにと言って走りました。ほんとよかったって思います。
ののはな
2009/08/03 22:24
最後の夕景が総てを語ってますね、やはり出かけてみるものですね、そうすればこんな素晴らしい自然に巡り会えるのですから。
ひんず
2009/08/04 00:51
◇ひんずさん♪
そうですね。出かけてあ〜あなあんにもなかったってことはないですね。それにしてもこの夕焼けはすばらしかったです。
ののはな
2009/08/05 13:20
こんにちは♪
素晴らしい旅が最後に夕焼けに象徴されたように見えました
思い出を子どもたちからプレゼントされ、それを何倍かにも楽しみを膨らませてしまえるのは自然や、人が大好きなののはなさんだからこそですね
女神湖へは何度か行ってもただ通りすぎる旅人の人でしたが
一つ一つを味わいながら、喜びを噛み締めながらの旅をもう一度やって見たくなりました
益々充実したこれからが待ち受けているようで楽しみですね
コケ魔女
2009/08/08 16:15
◇コケ魔女さん♪
コケコさんも何度も女神湖へいかれているのですか。そうですね。見方一つでかわるものですね。また自分で意識しているのとそうでないのとはちがうのですね。昔子どもの学校のPTAの方々で行った合宿所がすぐその側にあったのですね。あのときは団体旅行。ただ連れて行ってもらって...これじゃやっぱりつまんなかったんだってはじめてわかりました。
ののはな
2009/08/09 01:21
おはようございます。
長野は良く行く所ですが、「女神湖」は神秘で素敵な湖だと思います。
最後のお写真、素晴らしいです♪下界では望めない光景ですよね。
充実した旅をなされて、羨ましいです。
ハーモニー
2009/08/10 09:45
◇ハーモニーさん♪
ご無沙汰しています。なぜかハーモニーさんのところへ行くとPCに異常が起きて閉鎖されるのです。何か設定に問題があるのかな〜うまくいく日もあるのです。PCだけはいつも理解不能な...
さてさてそれはそうと光ってこんなに人の心を左右するものだとは...あのような夕焼け空をみることができるなどと思っても見ませんでした。ハーモニーさんはよく行かれるのですか。それこそ羨ましいですよ。はじめの終わりにならないよう祈っています。すべて母次第です。明日はどうなるかわからない不確定なものを抱えていますので。ま、だから神様からの贈り物と考えて大喜びしています。
ののはな
2009/08/10 15:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
退職旅日記−女神湖畔 静音の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる