静音の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS しあわせ実る水無月

<<   作成日時 : 2010/06/26 22:35   >>

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 23

画像


悲願の杏が実った
たったひとつでいいと祈った杏がこんなに

6月の下旬頃というので
雨があがるのを待っていたら

あらあら実が
もう四個も落ちている

裏庭におりてみると
美味しそうに色づいている杏に
まるまるとした毛虫が

画像

  まだ青い実もあるけれど
  とりあえずこれだけ収穫








芸術の小径さんのブログを参考に
杏ジャムをつくる

う〜ん
砂糖を控えめに30%にしたけれど
あま〜い
そっかうちの砂糖は白砂糖じゃないから
その分甘みも濃いのかな

とにかく美味しいのひと言
こんな美味しいジャムははじめて
もったいないので
そのままで
杏の味を舌に転がしながら頂く
しあわせな気持ちがこみ上げてくる


この杏の木を植えてから何年になるかな
この十数年間を物語る杏

二階のわたしの部屋の高さまで
杏の木は大きくなった

大きくなった杏の木のしたで
毎年元気よくたくさんの花をつけていた木槿には
ささやかな木漏れ日しかあたらない

しかし
それでもいいと思わせてくれる
この美味しさは



画像

 狭い通路のような裏庭には
 まだまだ楽しみがある
 母の部屋から見える
 枇杷の実だ
 「あれを食べたら元気になる
 気がするのだけれど・・・」
 と母は催促する




梯子をかけて
たくさんの枇杷の実を収穫

いつも孫に愛情を注いでくれる
ご近所の方々にも枇杷のお裾分け
孫は町内の外交官
会う人ごとに笑顔でご挨拶
ババはこの年でやっとご近所を知る


それでも枇杷はたくさん残った
枇杷ジャムなんてあまり聞かないけれど
枇杷の葉と実をいれて漬けた枇杷酒を
香りづけに入れて枇杷ジャムをつくる
これも結構いける
枇杷酒がきいている






気がついたら
庭は緑のジャングル


画像


六月はホタルブクロの季節でもある
太陽が燦々とあたる南の庭で
ホタルブクロの群生

今年もたくさんの蜂が
毎日やってくる

そしてわたしは毎日孫と歌う

ブンブンブン蜂が飛ぶ・・・♪
お家のまわりにブンブンブン 蜂が飛ぶ・・・♪

「あれそんな歌あったっけ」と
ママが首をかしげる替え歌になって


画像  あれ
  白いホタルブクロが・・・
  白いのは
  この庭で絶滅したはず

  よ〜くみると
  淡いピンク色
  
  そっか
  日照がよくないので
  こんな色になったのかな

  でもなぜか
  真っ白でもなく
  濃い赤紫でもない
  この色もいいな





画像


今日は孫の幼稚園のバザー
ママは役員で2ヶ月前から大忙し
昨日もお昼に孫の家にいった
一緒にピアノを弾いたり
ゲームをしたり・・・
それでももう帰るねっていうと
泣きそうな顔をした
PTAの役員がこんなに多忙な
PTA活動って何だろうって思う

今日はお手紙持参した
ねことぶたを折り紙で折って・・・

バザー会場では
しっかりものの孫はちゃんとお金をはらった
大忙しのママには声もかけられなかった
従姉妹と一緒にお食事をし
ゲームコーナーで
お土産をどっさり

帰ってから
お土産の包みをひとつひとつ開ける
こんな風に梱包してセットにして・・・
ほんとうに大変だな〜
で、またもう帰るね
パパとふたりだからいいねって
それでもちょっと眉をひそめた

画像

わたしは小さな孫のために
犬のぬいぐるみと
手作りのかわいいお人形を買った

笑い声が絶えない孫は
今保育園では
いいムードメーカー
ちゃあちゃんが笑うと他の子も笑って・・・
女の子は情緒も安定していて
育てやすいなって思う


庭の緑に雨が降る
今日のしあわせをかみしめながら
今夜はよく眠れると思う

サッカーで睡眠不足だった
ここ数日の疲労もとれるかな





画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
よく熟した綺麗な色のおいしそうな杏ができましたね〜♪杏ジャムはジャムの王様のような気がします。。程よい酸味と風味がたまりません(笑)。
枇杷もなって・・・ののはなさんのお庭はお宝の宝庫ですね〜♪
お孫さんもすくすくと育って、なによりです。。
komichi
2010/06/26 23:30
>しあわせ実る水無月
タイトルどおりの、水無月。
最後の紫陽花はサッカーの日本代表の色ですね^^
湖のほとりから・・・
2010/06/27 10:19
写真に写る庭の緑の鮮やかさ。季節は夏ですね。杏と枇杷。よく実りましたね。庭で花が咲きそれが実になるのを見て食べられるとは、これ以上の贅沢はありませんね。体調も持ち直されたとのこと。良かったですね。僕の方は、今週末に、縁あって学会で研究発表です。母方の曽祖父のことです。
コアラ
2010/06/27 10:45
幼稚園児のお孫さんとの交流・・・目に見えるようですね。
我が家にも、昨日息子に連れられてというか・・・所用で我が家に行くと言ったら、二人の孫がやってきました。
トコトン遊んで、バスに乗り遅れるからと抱き上げるとそのままス〜っと眠ってしまい、その重いこと重いこと。大きな体力チェックをしてしまいました〈大笑い)
Tatehiko
2010/06/27 16:24
杏の実が生ったのですね♪いいなぁ〜。それに枇杷も。
我が家のホタルブクロ、ピンクばかりだと思ってたら白も咲いて。。交配しちゃったのかな?

お孫さん、人見知りしない可愛いお子さんなんですね♪
女の子って、やっぱり育てやすそう。。
成長が楽しみですね!
ハーモニー
2010/06/27 22:15
お庭の杏と枇杷が生ったのですね。
それでジャムを作る、こんな贅沢はありませんね。
庭の恵みを口に入れられるなんて、生きる源の
ような気がします。
ホタルブクロは儚げで好きな花です。
白いのもあるんですね。
お孫ちゃん、可愛いですね。
孫の可愛さは格別ですね〜
いつもばらいろ
2010/06/28 10:11
杏の実が素敵なジャムになったようですね。
自分の庭での収穫したものは愛着がありますね。 

お母様、枇杷の実を食べて、元気になると良いですね。
私の義母はもう入院して3ヶ月、胸堆の圧迫骨折が、神経を
圧迫して、片足は麻痺して動きません。
でも、残った片足で、何とか、車椅子に乗れて、
家に帰れたら幸せだと思っています。
その家の庭には梅の実がなっています。
今年は梅は何も使われずに終わりそうです。

我が家にも3本の梅の木があります。
今年は不作で一安心・・・
ポリバケツに何倍も採れると始末に困ります。
多分今年は私の梅酒の補充くらいです。

ホタルブクロ素敵ですね。
白は気高さがありますね。
こちらもそろそろでしょうか、このところ義母の転院や
今後のことなどの交渉に、雨で、余り歩いていません。
近くを散歩して見ないと・・・
オコジョ
2010/06/28 16:14
私も少しずつ庭を楽しむことができるようになりました。スミレやバラやゆずの花をみているともうそんなにがんばらなくてもいいんだよとどこかにいる神様に言ってもらっているような気がします。梅ジャムにも挑戦してみます。
今年はねじ花2本発見
2010/06/29 15:44
◇komichiさん♪
こんばんは。杏は熟したものを採った方がいいと聞きましたが、なかなかいいタイミングでは採れないものですね。6月は梅雨ですものね。お店に並ぶ杏が高いわけですね。貴重な一瓶ができました。写真撮る間もなく美味しい美味しいとみんなで食べてしまってからあら・・・。今回もkomichiさんのブログを参考にさせていただきました。きちんと整理されているのですぐ見つけられるので助かります。わたしはいつも気まぐれで、ちょっと反省です。
杏ジャムはたしかにジャムの王いや女王さまですね。狭いのに欲張ってあれこれ植えたので大変です。下町の家々がひしめく中でのほんのわずかな緑。貴重ですが、ご近所の日照の妨げになるのではと冷や冷やです。
この9ヶ月の孫の成長ぶりにはババ馬鹿です。聞き分けがいいので助かります。今日もママが来たとき、ふたりにオレンジを出しました。孫は大喜び、ボールと勘違いしてポーン。でお皿に皮をのぞいて切ってあげると、大きな口で4切れをあっという間に、ごくん。で、もっととせがみます。「こっちの千種焼も食べてからよ」って言っている間にママは急いで、自分のオレンジを口に入れると、孫は目をまあるくしてじっとその様を見続けています。でも泣きもせず、仕方ないかと自分のお皿に目を落としていました。保育園では他の子の分は取らないってちゃんと教えてくれているのでしょう。感謝です。
ののはな
2010/06/29 22:23
◇湖のほとりから・・・さん♪
そっか、そうですね。見事なブルーが光っていましたね。今夜は無理でしょうね。ここまで勝ち進めただけで満足です。でも負けても、気持ちのいいプレー今夜もお願いね。
ののはな
2010/06/29 22:24
◇コアラさん♪
日差しが戻るとほんと夏ですね。杏にはほんと感動です。春にあんなに花が咲いて感動し、こんなに実りをくれて。しかも杏ジャムっておいしいのですね。ジャムをパンにつける習慣はないのですが、今回はじめてフランスパンにも載せて味わってしまいました。
実のなる木を植えてほんとうによかったです。コアラさんちのお庭にもいろんな実りがあるのでしょうね。例のお母様の実家の仕分けの成果でしょうか。どんな研究発表になるのでしょうか。楽しみですね。お忙しいでしょうね。でも心地よい忙しさですね。
ののはn
2010/06/29 22:30
杏ジャムは美味しいですね。パンにつけて食べると最高。でも、我が家の杏はまだ実をつけません。花が咲き始めてまだ2年ですから。今実をつけているのは柿が二本とグミと桑の木。研究報告は母の実家を調べる前に図書館や各地の記念館、そしてアメリカの大学とも連絡を取って集めた資料に基づくものです。日本英学史学会本部例会・7月3日にて報告をします。題は「破産してもなお外交にこだわった男・齋藤修一郎−『失意の外務官僚像』の再検討」です。彼の伝記的研究の1です。レポート郵送しましょうか?
コアラ
2010/06/30 13:00
◇Tatehikoさん♪
そうですね。Tatehikoさんちのお孫さんのあのUHOの写真は忘れられませんね。ほんとうに子どもが人の子に育っていく過程って楽しいですね。子どものときは日々仕事に明け暮れ、とにかく今日この子らの口に食べ物をいれてやらなきゃという使命感だけでいっぱいでしたが、今は人の成長として楽しめますね。Tatehikoさんがこのように楽しまれていたのだなって今やっとわかります。
眠ったお孫さん重かったでしょうね。それを耐えた自分の体力と同時にお孫さんの成長ぶりにも感じるものがあるのでしょうね。
ののはな
2010/06/30 22:55
◇ハ−モニーさん♪
そうです。実りがあるってこんなにもうれしいことなんですね。
ハーモニーさんちでもそういうことが起こるのでしょうか。なるほどって思っています。これは・・・??
1歳の孫は若いイケメンの男性が苦手です。小学生から50代ぐらいまでだめです。土手で70歳ぐらいのおじいちゃんに会ったら、笑顔で駆け寄っていました。環境は恐ろしいものです。気がついたら、うちにはそういう若いイケメンはいませんでした(大笑)。
今日、授業中いきなり生徒に「先生ってどうしていつもにこにこしているの?」って聞かれて・・・そっか、わたしがいつも笑っているから孫も笑うのかってうんうん納得。これまた環境は大切と。
ののはな
2010/06/30 23:01
◇コアラさん♪
そうですか。おもしろそうですね。もしレポート送っていただけるならうれしいですね。むずかしい内容かしら。わたしの頭で理解できるかな・・・と不安ですが。コアラさんの身近な人のルーツなんですもの、すごく興味もてそうです。7/3ってもうすぐですね。その時代のこともいろいろそんな具体例で知りたいし、お暇なときに送っていただければすごくうれしいです。メールアドレスわかりますか。数年前にプロバイダーが変わって今はniftyです。harunire5@nifty.com 大丈夫かな?・・・でも、ここのブログの方が安全なので。
ののはな
2010/06/30 23:07
杏ジャム、美味しそうですね。
ご近所の方から杏酒を一度頂いたことがありますが、
これも甘くて美味しかったです。
我が家も枇杷はなりましたが、今年はハクビシンらしき
動物に食べられ、少ししか収穫できませんでした。
半分生で頂き半分はジャムにしましたが、もうなくなりました。
ホタルブクロ、最近見かけなくなりました。
ホタルがお花の中で休んだら、素敵なランプになりそうですね。
バザーで買われたお人形、とても可愛いです。
hiro
2010/07/01 06:55
◇いつもばらいろさん♪
そうです。自分の庭で木が実をならす。これってすごいことです。子どもの頃は田舎の家で、柿、石榴、枇杷、無花果などが実をつけるのが楽しみでした。お金でおやつを買うなんて思いもつかない時代でしたから、これらは貴重な子どものおやつでしたね。で、木の実がなるとほんと幸せでした。そんな時代を思い出させてくれるからかうれしいですね。
木にしたって、それが役立つのはうれしいでしょうね。今残った実はヒヨドリたちの餌になっています。
ホタルブクロは淡彩でよく描かれますね。日本の野草らしい六月の花ですね。いつもばらいろさんにはお孫さんがおいでなのかしら。そんなことも知らないことに気づきました。本屋さんに行ってないので、7/6は夜10時からNHKの教育番組でいいのかななんて考えています。どきどき・・・
ののはな
2010/07/01 15:58
◇オコジョさん♪
そうですね。わたしは自分で市販のジャムを買ったことがないのです。ここ数年は学校の夏みかんやゆずをジャムにして、それを一年かけて、母のヨーグルトに入れて・・・。びっくりでしょう。で、梅がなったらこれも梅干しやジャムに・・・ところがそれもこの三月で終わりでした。去年から都の非常勤講師なので、どこの学校で仕事があるかわからないのです。一応講師組合に入りましたので、事情は少しわかるようになりましたが、講師で仕事をして生活をしている人たちにとってはなかなか厳しい時代です。
時給は一定年月からは昇級なし。しかも一年契約なので来年仕事がどれだけあるかわからない大変不安定な生活なのです。ほんとうはわたしのように退職したものがその仕事を奪ってはいけないのです。ただ去年今年と数学のように一週あたりの時数が増えている教科はいいのですが、そうでない教科は今年は仕事をすべて退職した教員が再任用教師になったり、非常勤教諭(わたしとは違うのです)になってり。
で、わたしも今年からもう以前の学校ではないので、もうなにもないのです。
ののはな
2010/07/01 16:08
◇オコジョさん♪
こんばんは。オコジョさんの奥様のお母様ですか。
>胸堆の圧迫骨折が、神経を圧迫して
>片足は麻痺して動きません。
圧迫骨折ですか。なんかすごく痛そうですが原因は何なのでしょうか。
加齢によるのでしょうか、骨粗鬆症が関係するのかしら。神経を圧迫しているのですね。それはまたつらそうですね。麻痺してどれくらいになるのでしょうね。お家に帰りたいでしょうね。いい方に進むといいですね。お母様のお家には梅の木があるのですね。もう実は色づいているのでしょうね。
思わず主なしとて・・・と思ってしまいました。
そんなに獲れるのですか。それでは一苦労ですね。梅酒は簡単ですからいいですね。梅ジュースも簡単ですよ。氷砂糖を入れるだけですよ。わたしは去年はじめて作ってこんなに美味しくヘルシーなのかと驚いたのですよ。その梅を食べるのもまた美味しいですよ。近ければ獲りに行きますのにね。わたしは、今年は購入して梅干しを今漬けているところです。
とにかくお母様もいいところに落ち着かれますように。
ののはな
2010/07/01 22:05
◇今年はねじ花2本発見さん♪
広い芝生ではたぶん来年はもっと増えるでしょうね。
ピンクや白のねじ花が彩りを添える庭を見て心ゆったりといい時を過ごされるといいですね。この春は日当たりのいいお庭にはいっぱいスミレが咲いたことでしょうね。そんな花を愛でる心、大切ですね。植物とお話していると世の憂さを忘れますね。ではあと少し体の声を聞きながらゆったりと仕事を楽しみましょうね。
ののはな
2010/07/01 22:10
◇hiroさん♪
杏酒もいい香りとすてきな色合いでいい酒ですよね。わたしは昔は沖縄の杏だったかしら生協で手に入れて、杏酒を作っていました。で、それを宿泊行事の時持って行くのが楽しみだったのです。えっ??そんな不謹慎な・?!そうですね。今は禁じられていますが、昔は大らかでした。で、今はもう杏酒を漬けることも忘れてしまっていました。
>ハクビシンらしき動物に食べられ
えっ??すごいそんな動物がでるのですか。それでも食用に・・・そうですか。枇杷は体にいいですからね。生き物たちと分け合って食べるのもいいですね。蛍袋とはすてきな名前をもらったしあわせな植物です。蛍はもう長いこと見ていませんが、名前をつけた人は想像力たくましかったのでしょうね。それをイメージしたガラスのランプなどもありますね。でもほんもののホタルブクロに勝るものはありませんね。
子どもよりもわたしが喜んだお人形になりましたね。孫は背負うタイプの洋服を着たわんちゃんが気に入って、背中ではなく、胸に抱いて振って歩きます。わたしに子守歌をうたえってせがみます。来年の冬にはお姉ちゃんになるのでいい練習になるかも。
ののはな
2010/07/01 22:20
ご無沙汰しています
杏の香りが漂って来るようです
杏はジャムの女王様。お庭の杏で作られたなんて最高ですね
お孫さん、可愛いですね
孫は自分の子よりも可愛いとはよく聞きますが
ののはなさんもすっかりお孫さんの可愛いさに参ったですね
とっても羨ましいのです
コケ魔女
2010/07/08 00:02
◇コケ魔女さん♪
杏のおいしさにも目覚めてしまったののはなです。
ほんとジャム好きになりそうです。
孫はゆとりをもってその成長を見られるからでしょうね。
今、いろんなことがわかりかけてきて、自己主張が始まりました。ママは朝出勤前で忙しく心にゆとりがないので、孫の言わんとすることを無視して行動を促そうとすると、大暴れするそうで手を焼いているらしい。先日熱が出た後なので、夕方の散歩を見合わせました。雨もありそれが二日も続いて、さあ大変。帰り車に乗せようとするとずるっと落ちてきて、おお暴れ、仕方がないので、ママと3人でいつもの公園に。いつものわんちゃんの散歩仲間の人たちに会い、ぶらんこに得意そうに乗っていたところ、夕刻で蚊がではじめ、ママに「さ、帰ろう」って言われてしまった。ババがおんぶして帰ってきて車に乗せようとしてもだめ。ババから離れない。そんなこんなで1時間以上粘られたので、ババがだっこして、孫の家まで行く羽目に。
「融通が利かない子ね」ってママに言われていたけれど、融通じゃなく、なにかがたまり込んでいたのでしょうね。これからは育児も大変です。明日はジジが病院なので、ババひとりで遊んでやって、夕食・入浴とこなさなければ・・・「ばあちゃん」(孫はこう呼ぶようになった母)の世話もあるし・・・がんばんなきゃ!
正直、後でがっくりきますよ。コケ魔女さんちもそのうち・・・
ののはな
2010/07/08 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
しあわせ実る水無月 静音の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる