静音の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 在宅介護で・・・が・・・なお迷う

<<   作成日時 : 2010/09/06 11:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 24




Keith Jarrett - Shenandoah

画像



酷暑の日
主なくして
椅子ぽつねんとある


跡のこし
介護ポールなき
床ひろし



臭き息
顔そむけては
涙かくす


ブザー鳴り
トイレ誘導
さみしかったのと

画像


口開けて
幼子のごと
匙を待つ母

在宅で
看取ると決めて
なお迷う



**********************


画像
 こんなとりとめのないことを
 書きとめていたら
 母が少し元気に


 ところが昨日から
 代わりに夫が熱と腹痛
 大腸癌かもという検査結果に
 不安が募るのでしょうか


 とはいえ母は
 次のステージに移った
 もう完全にベットの人




すべてわたしの手から
ミキサー食をスプーンで

起こして水を飲ませて
食事を作って食べさせて
記録を取って

トイレに誘導して
これが大変
肩につかまらせて
脇の下をぐっと支えて
そろそろ移動
画像
トイレの後は口腔ケア
舌が真っ白になっていたのが
毎回の消毒でなんとか・・・

免疫力も落ちて
目やにで目も潰れていたのが
日に三度の点眼でようやく・・・


ドクター曰く
大腸の壁が厚くなっているから
腸閉塞が一番心配だ
人工肛門をつける手術もできないし
となれば胃ろうもできない
直接心臓に栄養を送り込むしかない


一週間も便秘
仕方がない
浣腸をすることにした
やれやれ
これでようやくお腹も動きだし
食欲も戻ってきた

しかしヘルパーさんの時は
相変わらず反抗的

慣れないヘルパーさんの日(週4日)
母は言うことを聞かず
起きない 飲まない と抵抗


わたしがいれば叱りつけて起こすが

今日もヘルパーさんのノートには
「見守り」と書いてある



今日は久しぶりに
夕食後
台所で髪を切って洗髪



画像
 この写真は8月3日のもの
 あの頃はまだこれだけ食べていた

 わたしたちのおかずに
 とろみをつけてアレンジ
 それをご飯にかけて...
 ポテトサラダもやわらかく
 デザートは
 ヨーグルトにバナナとアボガド
 今はもう・・・





 ちなみに今夜の献立は
 <カボチャのポタージュのミキサーかけ180cc>
 <ヨーグルト3口>
 <茶碗蒸しのミキサーかけ50cc>
 <水50cc>





前よりも
もっと自由度がなくなったけれど
心まで縛られないように生きよう



画像




*お花はこの暑さにもめげず
 ささやかに咲いた庭の花




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
介護の大変さを教えていただきました。
私には介護をする親がもういませんが・・・いずれは、私かツレをどちらかが、あるいは息子達の手を煩わせねばならぬかと思ってしまいます。
舌が真っ白になったり、腸閉塞の心配をしたり、排便のおむつ交換などわがまま言って困らせないように、迷惑をかけないようにと体調の微妙な変化に神経を尖らせてしまいます。
私の病の症状にも似た言葉を聞くとビクッとしてしまいます。
怒ったり、腹を立てたり笑ったりしつつも・・・お母さんの頼りになってあげてください。
Tatehiko
2010/09/06 11:47
義母は歩くことは不可能、介護がないとベッドから動けない。
元気で話し好きで、ボケはまったくなし・・・
何とか排泄が出来れば、家でという義父ですが、
現状では86歳の義父には、介護は無理です。

私の母は足取りは頼りないのですが、
今日は何日かはもちろん、生まれた年、今の季節もいえない。
一日に何度も電話が来ます。
「ヘルパーさんが来ない」(後、1時間以上ある)
「洗濯機が壊れた」(行ってみるとコンセントを差してない)などなど

人のいうことを理解しようとしない。一例を挙げると
配食サービスしているのはヘルパーさんに食べさせるためで、
自分のためではないといって食べない・・・
おもいこんだら、説得は不可能・・・
説得はあきらめて、そういうものと思って対策を
といっても違うものを用意するしかない・・・
そして、配食を食べることも無いとはいえない。
でも、一人暮らしは母親の強い希望・・・
ヘルパーさんも、名前を覚えず、変な人が来て、体を拭いていった・・・

主治医は、同居か施設を薦めますが、理屈では反論できない状態です。

でも、人は 医学的に最良がいいかは 難しい問題です。
できるだけ本人の意向に沿って・・・・

でも、いつかは、切り替えなくてはならないときが来るのかも知れません。

義母は何とか、家帰ってもらおうと、思っていましたが、今は施設を
体と心と・・・

常に考えていかないといけない問題です。
でも、何とかしていかないと・・・


ののはなさんのところは、私のところより大変ですね。

頑張ってなどというのは当たり前のこと・・・
出来るだけ、前向きに・・・
それしか言葉が見つかりません。

出来れば気分転換が出来るといいですね。
カイツブリの観察のように・・・
オコジョ
2010/09/06 15:02
ご苦労様です。
他人事とは思えません。
今は、若い人のエネルギーを摘みたくないと思っていまが、
メモしておかなきゃいけませんね。
ご自分の介護は無理なのでは・・・
ハッピー
2010/09/06 18:44
在宅介護大変ですね。我家は、もう介護する親は居なくなってしまいましたが、今度は夫か、自分が、介護される番かと思うと色々考えさせられます。
ご主人とお母様 お二人の看護大変ですね。どうか諦めずにお元気で過ごされますように、オコジョさんも言っておられるように、気分転換が出来ると良いですね。
もこ
2010/09/06 20:13
ののはなさん、おはようございます♪
身につまされますね。
自分もゆくゆくはそうなるのかと・・・
元気でぽっくり逝きたいですが、
夢なのでしょうか。

ご主人様、心配ですね。
お孫さんの笑顔が何よりの安らぎですね。


hiro
2010/09/07 09:10
ののはなさん、こんにちは。
介護と一口に言っても、色んな介護の形があって当然だと思います。
ある人は使命感のように。。。しなければならない。。。という思いであったり、ある人は自分の親だから最期まで一緒にいて見守りたいという思いからであったり、其々の思いの中に介護があるんだと。。。
でも、ののはなさんがおっしゃるように
>前よりも
もっと自由度がなくなったけれど
心まで縛られないように生きよう<
この気持ちは大事だと思います。介護することが全てではないと。。。
自分の気持ちが自由でなければ、介護する事の意味を。。。もう一度考える必要があるのかもしれませんね。
みつば
2010/09/07 16:37
介護は・・・自分がやらねば・・
 頑張りすぎないで でも決してあきらめないで・・
あなたは、矢野真紀の 窓 という歌を知っているだろうか
 励みになる歌です (*^_^*)
千水
2010/09/07 19:09
ノーテンキな私でも考えさせられます。
ののはなさんは一人で頑張っているので吃驚しています。
10年ほど前、連れ合いに先立たれた義父を介護していた時を思い出しました。
最初は家内が一人で頑張っていましたが、見かねて役割分担をした次第です。食事、排泄補助、床づれ防止など様態を見ながら介護は大変でした。
それをお二人分とは、お一人では頑張りすぎです。
在宅と病院の併用と身近に相談できる方の存在など、頑張りすぎないで下さいませ。お大事に。
kagi狸
2010/09/07 23:43
ののはなさん、頑張りすぎないでくださいね。かける言葉もないぐらい大変な日々を送られているようですが、人事とは思えません。

最近は野の花のスケッチをしています。私の絵などで気休めになるかどうかわかりませんが、また遊びに来てください。
m's garden
2010/09/08 07:27
《在宅で看取ると決めてなお迷う》の言葉、私に重く響きました。それでもなお懸命にお世話をされる、ののはなさんの献身に頭が下がります。
お母様へのお食事の内容もよく考えられていて・・・
これからますます大変な日々とへ向われそうですので、くれぐれもお体にお気をつけて、時々少しの間でも自分だけの時をお持ちになれますように。。
ののはなさんの気持ちがすり切れそうになったら、SOSも大切と思っています。。
komichi
2010/09/08 08:50
◇Tatehikoさん♪
こんばんは。そうですね。いずれみなゆく道ですね。わたしはそう思っていつも母と関わっていますが・・・それでもなかなかしんどい日があります。先日、新聞の投書欄に「かわいがってもらったおばあちゃんが惚けて、いらいらする。そんな自分が情けない」って若い人の声が。これからの自分の生き方考えさせられます。Tatehikoさんは病気をお持ちですから、今すでに病との上手なつきあい方を学んでおられるのでしょうね。わたしのような人間はまだおごりがあるのでいけませんね。人に何かをやってあげられる立場と、すべてお願いします、ありがとうと言わねばならぬ立場との異なりの大きさにあるとき愕然とするのでしょうね。そんな日のための学習と思って、このTatehiko さんの言葉を真摯に噛みしめたいと思います。ありがとう!
ののはな
2010/09/13 21:15
◇オコジョさん♪
そうですね。オコジョさんのところは両方のご両親の心配がありますね。オコジョさんのお母さん、そんな状態でしたか、わたしはもう少しお元気なのかなって思っていました。そうですね。人ごとなればちょっと楽しく思えますが、これがどうして当事者にとっては大変ですよね。わたしなどはどこまで本気にしていいのか、どこまで真剣にならなければならないかで悩んだりします。
オコジョさんのように時には突き放して客観視すればいいのですね。
本人の意志が大切とうちの主治医は言いますが、どこまで本気にしていいのか、うちの母は田舎に帰って独りで暮らすと先日家を出て行こうとして、外は手すりがないからと、家の外から、ピンポンとチャイムが鳴って、気づきました。その後体力が尽き果てて倒れたのです。
難しいですね。本人はひとりでなんでもできているって思いこんでいるのですから。今はあのときの危機的状況を脱し、わたしは来月から週に1度だけ入浴のためにデーサービスに行けるよう、今は特訓中です。もうミキサー食しか食べられないので、それでもいいと言ってくれるところを探すしかありませんね。気分転換大丈夫です。仕事が生き抜きみたいなものですから。生徒といると楽しいです。それがなかったらきっとノイローゼですよ。ありがとう!
ののはな
2010/09/13 21:32
◇ハッピーさん♪
そうですね。うちの母も40代には「これからの時代は老人ホームよね。若い人には人生があるから」と言っていたもの。現に祖母は施設にいました。母は40年近く夫婦ふたりの気楽な人生を過ごしたのです。それで充分だったのではないかと思います。今はアルバムを見ては昔を思い出させて、自分は幸せだったのよってすり込んでいます(笑)。
ののはな
2010/09/13 21:35
◇もこさん♪
そうですね。うちの近所の友人も親御さんがすべて亡くなられたとき、「今度はわたしたちの番」と言われ、家を建て直されました。バリアフリーにしてゆったりとした間取りにされました。
わたしはどんどん行動範囲が狭められていくようで・・・元もとどこかへ遊びに行くってこともない人生だったので、あ〜あこれで終わりかって気持ちになることがありますが、これからは割り切って、ショートステイに行ってもらって、田舎の家をまず処分しに行かなきゃ。本人はショートもいやなのです。それを口で言わず、体で拒否する人なのです。熱を出したり、食事を食べなかったりと。ま、がんばります。
ののはな
2010/09/13 21:41
◇hiroさん♪
ごめんなさい。一番つらい日に思いの丈を書いてしまって。昔の人は愚痴も言わず、親の世話をしていたはずなのに・・・今は便利なアイテムがいっぱいあるから介護も楽なはず。もう一度冷静になって仕切り直しです。
ののはな
2010/09/13 21:43
◇みつばさん♪
そうですね。いろんな形の介護があるのですね。一番うちに会う形を探していくのが今の仕事ですね。今の悩みは食事です。入れ歯をグリップで固定してやって、また外すということを朝晩やっています。少しでも自分の手で食べられればと。今日はごま豆腐なら細かく切るだけで食べられることがわかりました。おかゆの上に「ミキサーにかけたマボー豆腐」をのせて食べさせました。毎日何を・・・頭が痛いです。来月から週に1度、入浴のためにデーサービスに行けるよう、今は特訓中です。そんなところあるかしらね。ここ数週間ケアマネさんに電話かけまくり迷惑かけたので、ちょっとしばらくしたら医者に入浴とデーサービスいいかと、聞いてからケアマネさんにと思っています。それまではわたしが入浴させるしかない。髪はわたしが切りました。うまくできてほっ。毎日ブラシで解かすのがくせの母。手鏡も・・・自意識の強い人なんだろうなって思っています。
で、今回倒れる原因になったわたしとの口論。「お前だってさんざん苦労かけたのに一度もありがとうって言ってもらっていない」と母「親は子どもを育てるのが当たり前でしょう」と私「わたしはお前にいじめられてばかりで・・・富山に帰って独りで暮らす・・・」と母が家出。家のドアを出たら、つかまるところがなくて家にピンポン。びっくりです。
夫とは昔から仲が悪いので、台所にいるともう足が前にいかない。卑屈になったり尊大になったりとうまく感情表現ができない。難しいものですね。
それでときどきうんざりします。わたしはきっと母を人にまかせられないのかもしれませんね。みつばさんの言葉を読んでいてふとそう思ったりしました。
ののはな
2010/09/13 21:58
◇千水さん♪
いつも冷静にさせていただいてありがとう。
>矢野真紀の 窓 
という唄知りません。調べてみますね。きっとなにか目が覚めるのでしょうね。
ののはな
2010/09/13 22:00
◇kagi狸さん♪
奥様のお父様ですか。大変だったのですね。
>食事、排泄補助、床づれ防止など様態を見ながら介護は大変
決して楽しい仕事ではないですね。誰に感謝されるわけでもなし。単に自己満足ですね。手を抜こうと思えばいくらでもできる。先日あるヘルパーさんに「食事さえ与えておけば虐待にならない」って言われました。朝からトイレでペットボトルで体の前と後ろを洗ってやることもないかって思わず考えましたよ。仕事前なので時間に追われて・・・でもその後介護するヘルパーさんが気持ちよく仕事できるには母の体から悪臭が出ない方が・・・と考えてのことだったのですが。そうでしょうね。奥様ひとりでは無理ですよ。kagi狸さんもまだお若かったからできたのでしょうね。
うちも夫はできる限り手伝ってくれます。わたしが仕事に出た後は、ヘルパーさんに声をかけてくれるし、誰もいないときには水を飲ませたり・・・。トイレに誘っても母はノーですが。
先日医者に病院の話をしましたが、今はああいう状態では入院をさせてくれても検査のためだけ、それも数日ということでした。結局、家で見るしかないようです。もう点滴もなくなりましたし、元気になりました。先週はCTスキャンのために病院まで連れて行きました。階段も降りることができました。ご心配おかけしました。
ののはな
2010/09/13 22:12
◇m's gardenさん♪
いえいえもう山場を過ぎました。また元気になってみんなを驚かせています。食事だけは固形物は拒否ですが。で、今は毎日何を食べさせるかでいっぱいです。ほんとm'sgardenさんのブログで絵をみることで癒やされます。ありがとう!
ののはな
2010/09/13 22:15
◇komichiさん♪
こうして気持ちがはき出せるブログがあってほんとうに良かったと思っています。先日もちょっと時間を作って東京駅までならと出かけていい気分転換になりました。komichiさんのブログにもそういう意味ではすごく助けられています。ありがとう!!
ののはな
2010/09/13 22:18
 お母様の食事のこと。ミキサーで砕くとあれは歯で細かく切るだけだから例えば梨などはサラサラで粘りがなくなるはず。私の叔母がホスピスに居たときはたしか、全部普通食を丁寧にすり鉢ですったものだったはず。すり鉢だと切るのではなく潰したり削ったりですから、滑らかになります。手間はかかりますが。
コアラ
2010/09/13 23:29
◇コアラさん♪
そうですね。裁断するのと、押し潰すのでは味も変わりますね。歯で噛んだのに近い形で調理すればいいのですね。先日は冷やし中華を素材ごとにミキサーにかけて、混ざらないように塩梅よく配置してみたら、色と香りが良かったらしく満足でした。料理嫌いだったはずのわたしが・・・??
すり鉢ですってあげればいいのだろうけど・・・病院にいた頃はそのままでは食べられないので、すり鉢と摺り子木持参で、その場でつぶしては食べさせていた。雛に与えるみたいって思っていたけれど。
今は調理から下の世話まで一緒なので、すべて終わってさあ自分の食事となるとげっそりしますね。
わたしのときは誰もしてくれないな〜、うん、歯を大切にしようと決意。この夏やっと歯医者に行けました。1年もさぼっていたのに、今回は医者もやさしかった。
ののはな
2010/09/15 22:49
こんにちわ。
ののはなさんのお母さまに対する優しさが伝わってきます。
大変なこともおありでしょうが。。
献立も食べやすいよう、工夫されて。

私たちもいずれ高齢になりますね。
色々考えると不安が募ります。
家族に迷惑はかけたくないという気持が先行しますが、こればっかりはどうしようもありません。
今はまず自分の遣るべきことをちゃんとやって、毎日を有意義に過ごせたら良いな。。と思ってます。

ののはなさんご自身もお疲れが出ないように。。
ハーモニー
2010/09/20 16:06
◇ハーモニーさん♪
やさしさなのかな〜。わたしの責任感って言うか、やはり性格なのかな...。今は少し離乳食ならぬ老人介護食つくり慣れてきました。お粥の上にいろんなものを食材別にミキサーをかけたものを乗せるのです。これで味も移らずおいしくいただけることがわかりました。私たちの夕食をそのまま使えるので、以前より食事つくりが楽になりました。
施設にお願いすればもっと上手に育てていただけるのでしょうが・・・母には国民年金が月に5万未満しかないので、わたしたちの老後も考えると、できるかぎり在宅でとなります。それにメンタルな部分が弱い母には施設は難しい。しかしこれではわたしたちも身が持たないので、「来月あたりからショートに出すこと考えて、ヘルパーさんにも休暇を」というケアマネさんの提案を入れました。わたしたちの時代には若い人たちの考えも異なるので、書類を作ってもらえたらそれでいいのでしょうね。ハーモニーさんは手厚く育てられているから、もっと違う関わり方ができると思いますよ。
庭に彼岸花のつぼみ。いよいよ秋です。うれしくなりますね。
ののはな
2010/09/22 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
在宅介護で・・・が・・・なお迷う 静音の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる