静音の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS はいからさんが 潜む 明治の近代建物

<<   作成日時 : 2010/09/13 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 13






画像



心のなかを
山下達郎の唄が
流れているような
暑い夏の日に

明治のはいからさんになった



komichiさんのブログ
「芸術の小径」で知る


三菱が夢見た美術館
−岩崎家と三菱ゆかりのコレクション
画像
1894年に竣工された
丸の内「三菱一号館」
1968年に解体され
今回可能な限り
当時の設計を復元され
2010年
「三菱一号館美術館」
としてスタート
その開館記念展U


という文字にすぐ反応





画像


 たしかに
 黒田清輝の
 「春の名残」は

 重厚な床をそっと踏みながら
 なぜか懐かしさで
 いっぱいになる
 この近代建物にふさわしく

 光り輝く







画像



画像

   窓を額縁に
   切り取られた庭
 
   こうした空気は
   すてき

   ここが大都会の
   真ん中ということを
   一瞬だけ忘れさせて

   ちょっとうれしい
   人が自由に利用できる
   こうした空間のあることが
  





画像


                空を見上げて
                小さく息を吐く










*コアラさん、記事内の訂正ありがとう!
そのままカット$ペーストして見直していなかったことに気づきました。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■三菱が夢見た美術館−岩崎家と三菱ゆかりのコレクション■
1894年(明治27年)に竣工した丸の内「三菱一号館」 1968年解体され、今回可能な限り当時の設計を復元して 2010年「三菱一号館美術館」として、スタートしました。 その開館記念展U■三菱が夢見た美術館−岩崎家と三菱ゆかりのコレクション■へ。 ...続きを見る
芸術の小径
2010/09/16 14:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
 さっそく行って来られましたか。たしかに良いですね。明治や大正の建築は現代のものよりも温かみがあって、人が住んでいるという感じがします。この美術館たしか、先月の終わりにどの放送局でしたか、「ぶらぶら美術館歩き」みたいな題の番組で、山田五郎さんが紹介していました。サンサーンスの白鳥のチェロの響きも美しいです。
 ちょっと一言。「三菱家」ではなく、「岩崎家」です。
コアラ
2010/09/13 23:21
素適なときを過ごされたようですね。
こうした時間いいですね。
古いものは落ち着いた味わいがあります。

いきたいですけれど、遠いですね。
なかなか、一日をすぐ帰れないところにいけません。

いつ電話がなるか・・・
母から電話のない日は滅多にありません。
だいたい、飛んでいくことになります。
昨日は朝から、昼過ぎまで母のところでした。
一日に何回もが普通・・・
ない日は、私にとって穏やかな日です。
個人的なことで失礼しました。
オコジョ
2010/09/14 11:51
白鳥の湖の調べに乗って大正ロマンを感じさせていただきました。地方に居る者にとっては中々味わう事の出来ない一とき、ハイカラさんになった気分で見せて頂きました。
もこ
2010/09/14 19:53
お忙しく日々送られている、ののはなさん。
三菱一号館美術館を楽しまれた様子、とっても嬉しいです♪この美術館は、ぶらっと立ち寄って、一休み・・・という雰囲気があっていいですね。。心落ち着くいい空間が広がって、また訪ねてみようと思っています。。
中庭の雰囲気もよくて、少し長居をしました。。
komichi
2010/09/14 23:11
◇コアラさん♪
こうした近代の建物は味があっていいです。コンドルの設計らしいですね。
体調がよければもっと調べられたのでしょうが、今回は・・・手抜きでした。
TVは見ませんでした。そうですか。それで人手があったのですね。近くの寿司屋さんで昼食を取ってから入館しました。どこ行くの?って聞かれたので、話したら、寿司屋さんは割引券だけど・・・ってくれました。
サンサーンスのこの曲、長男が子どもの頃好きでした。はじめてのこのときは親は張り切って、クラシック全曲集みたいなレコードを買いました。子ども向きのやさしいいい音色のものが多かったようで・・・
竜馬伝で、岩崎弥太郎が出ているから余計、人出も多かったのでしょうね。komichiさんのブログをカットしたことばれちゃいました。反省です。
ののはな
2010/09/15 20:43
◇オコジョさん♪
お母様ほんとうに大変ですね。でも電話ができるのはいいことですね。同じ暮らしを同じ空間で続けておられるからでしょうね。しかし、オコジョさんは大変ですね。いっそ同居をと考えてしまわれるのではないでしょうか。わたしは8年前に東京に連れてきたとき、友人に同居するとあっという間に惚けるから別がいいわよって言われて、歩いていけるところにマンションを見つけ住まわせましたが、そのときは朝から電話が鳴って、いろんなトラブルでした。朝寄ってから職場に行き、帰りも寄ってから帰宅という日々でした。そんな日々をふと思い出しました。あの頃はまだ父がいて・・・あんなに早く亡くなるとは思ってもいなくて・・・無神経なこといっぱい。後悔です。オコジョさんもどこかで息抜きなさってくださいね。風はいよいよ秋ですね。
ののはな
2010/09/15 20:50
◇もこさん♪
そうですね。わたしのもより駅から東京駅まで15分なので、ここは近いのでちょっと出かけられます。東京にいる唯一の良さかな。わたしはあまり田舎には住めない性格だと思っています。ふらっとこうして人混みに紛れるのもたまにはいいものですね。
ののはな
2010/09/15 20:53
◇komichiさん♪
komichiさんの記事のおかげで思い切って家から脱出できました。でもごめんなさい。コアラさんに指摘されて・・・あ〜あ、いかにわたしがいい加減な人間か嫌になってしまいます。お許しくださいね。ここの庭はちょっとあの暑い夏に寄るにはいいところでしたね。撮影可の場所から庭を撮ってみたのですが、ガラスがあるとむずかしいものですね。
わたしの大学はこんな風に古い建物だったので、無性にこうした雰囲気が好きです。ありがとう!
ののはな
2010/09/15 20:57
ののはなさん、ごめんなさい。
私の不注意で岩崎家と書いているつもりで三菱家になっていました。それも今気がつきました!!先日コアラさんのコメントを読んでも自分の文章を間違えていたとは気づかず、恥ずかしい限りです。。
私は古書の漢字の美しさも好きでしたが、まったく読めなくて・・・情けなかったです。。
komichi
2010/09/15 22:43
お忙しい中に時間を作られて、美術鑑賞よかったですね。
黒田清輝ですか!
これから外出も楽しくなりますね。
今年は殊の外暑かったから参りました。
プロフィール見せて頂きましたら、教室作るのがご希望の由、能力のある方はいいですね。
私は頭も悪いし、勉強しなかったから特に数学やってみたいです。
それも小学校でいいのです。
編み物していた時、曲線出すのに小学校の参考書買いました。
料理の時も自信がなかったので、頭のよい方にこれでいいのですか?
と尋ねたことあります。
勉強はしておかなきゃいけませんね。
英語は終戦後初めて出来た近所の英語塾にお友達と2人第一期生で入りました。
あの頃は末は外交官と思ったものでしたが・・・笑って笑って・・・
いつの間にか泡と消えうせました。
近くなら行きたいです。
面接・学力で☓ですよね。
お伺いが遅くなりました。
ハッピー
2010/09/16 07:53
◇komichiさん♪
こちらこそごめんなさい。すごくせっかちで細切れの時のなかで動いています。思いこみって怖いな〜って今回は思いました。だから仕事で書類作ったときは全く関係のない人にまっさらの気持ちで読んでもらう。そうしないと知っている人はみんな思いこみで読み飛ばしてしまいがちですね。今回もコアラさんには感謝です。komichiさんほんとうにごめんなさいね。
そうですね。古書がいっぱいありましたね。有名な文は覚えているから読めますが・・・もっと大学でまじめに勉強しておけばよかったとあんな時反省します。源氏物語をまさに原文で読む練習をさせられたのに、これまた内容をしっているためにいい加減に読んでいた。一字一句対比させて書いてみて覚えれば良かったな。でも自分の性格を考えるとやっぱむりか。
それより地図がおもしろかったですね。当時の日本人の世界観がよくわかって・・母から聞いていたけれど、ほんとうにあんな風に自己中に誇大化していたんだなって。オーストラリアから帰ってきた生徒に、オーストラリアから見た逆さ地図を見たとき以上の衝撃でしたね。北海道が大陸と繋がっていた。
ののはな
2010/09/18 12:20
◇ハッピーさん♪
そうですね。ようやく朝晩の涼しさに一息つけます。水曜日、「暑さが和らぎましたね」「やっと夏日がおわりましたね」こんな挨拶が聞こえる町になりました。
わたしは退職したら何十年間学校に縛られできなかったことをやるぞって意気込んでいたのですが・・・現実は・・・今は体力を落とさないように・・・いつかまたいい日があるさと。塾はゆめですね。サロンでもいいのです。長い間図書室を運営していたので、そこをベースに子どもたちを集めて生きていました。それを失い、しばらくは手をのばしても書架がない。何か考えをまとめようとか発展させようってときもわたしにいつもアイデアを与えてくれていた書架がない。さりげなく本を媒体にあつまってくれていた子どもたちとおしゃべりをするなかでいろんな問題が見えてきたり、逆に問題の解決の糸口が見えていたのに。もう人を集める場がない。それがすごく寂しかったし、一時は不安に陥り自己否定にまでなりました。わたしの特技は何もないのです。ただ数学なら少し教えることができる。本なら家に少しある。で、お金があったら小さな塾、子どもや大人がちょっと居場所にできる快適空間がほしいな、そこで人と人の出会いが生まれるといいなって。志のあう仲間が近所にいるといいなって願っていたのですが、仕事に忙殺された40年間。気がつけば老後のためのお金しかない。困った・・・。でもあと3年後にはいやでも次のステップを考えなければならない。ちいさな家庭教師の部屋でもいいからほしいな。友人に来てもらえるような部屋でもいいかなほしいな、ってだんだん現実的になっています。それもここ10年が命。なんとかしなきゃと思いつつ現実に流されています。
ののはな
2010/09/18 12:39
◇ハッピーさん♪その2
で、ハッピーさんはPCをあそこまで使いこなしておられるので、もうなにをかいわんって思うのですが。わたしはPCは道具と割り切っていますが、それほどの好奇心もなく、ま、このままでいいかって人です。決して「数学オタク」ではないのです。数学はそれこそうまく生きるための道具にしたい。頭を整理するときの材料にしたいと。ここの最寄り駅は「JR小岩」。わたしはいつも新小岩に出ますが。もしお近くでしたら是非いらしてください。末は数学博士にはなれませんが、算数と数学の歴史ぐらいわかるようになって世の中を見る目が変わるかもしれません。第一期生ですので最高の優遇を(笑)・・・
ののはな
2010/09/18 12:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
はいからさんが 潜む 明治の近代建物 静音の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる