静音の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS まったりと過ぎる時のなかで

<<   作成日時 : 2010/09/15 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 20

画像


まったりと かわせみのさと 晩夏の日 

画像


パパあのね
ぼくお腹が空いているの

わかっているよ
だからここに来ているのだよ

画像

 ほら
 こうしてお魚捕るんだよ
 いいかい

 おいしそう
 はやく食べたいよ







画像


パパ
ちょうだいよ


ほしかったら
自分で捕るのだな







画像
  


 こらこら
 横取りするんじゃないよ







画像


よし
そうやって潜って
魚をねらうんだぞ


・・・・・
パパの猛特訓は続きます



画像













画像



コサギはそんな親子を尻目に
そろそろ昼食にしようかなと行動開始


画像

う〜ん
魚はいっぱい
群れている
迷ってしまうな











画像



画像

  
 やっぱりここは
 かわせみの里
 用意された指定席に
 カワセミ登場
 お食事タイムですか 
 あら〜こちらの席にも



画像







流石・・・・
見事なものです







画像


 ブルッ
 口に咥えた魚を
 ひと振り







画像



たまんないね
ここの魚うまいんだ
みんなも一口どう?

 
と言って
ごっくん


画像













画像

君のところ
いい漁場じゃないか
ぼくも仲間にいれてくれよ


みんなはらぺこなのね









画像

   あっ
   かわせみに見とれていたら
   この7月に生まれたカイツブリのぼうや

   とうとう自分で魚を捕まえてご満悦

   そんなにいそいで 
   巣に帰えるの・・・
   ママにご報告かな



画像
 あらあら
 巣では
 ママは巣の修復に大忙し
 まだ卵が2,3個あるわね
 かいつぶりの子育ても大変ね
 7月からもう3ヶ月目






画像

巣材もってきたよ
ぼうやの特訓が終わって
パパも戻ってきた

先日の台風で
すっかり池は大荒れ
巣も沈みそうになったのよ

でその卵大丈夫なの

う〜ん
わかんないけど
可能性は最後まであきらめないわ



画像



 さ、これでしばらく安心ね
 ママが座ると
 みんなあわてて
 ママのそばへ戻ってくる
 
 あれあれ甘えんぼさんが
 2匹もママの背中に潜ってる


画像
まったりと
溜め池の時は過ぎていく


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
素適なお話しありがとうございました。
可愛らしい野鳥たちにいやされました。
みんな健気に生きていますね。

カワセミ、じっくりと見たことがありません。
飛んでいるのを一瞬だけ・・・
一度ゆっくり見てみたいものです。
オコジョ
2010/09/16 09:46
野鳥は何度も子育てに挑戦。
それだけ、自然の中で体ひとつで過ごすことが厳しいということですね。
湖のほとりから・・・
2010/09/16 11:33
こちらの水辺はたくさんの命を育んでいるのですね〜♪過日見せていただいたかいつぶりの巣も、先日の台風で傷んだところを修繕しながら暮らしているのでしょうか。。懸命に生きている姿に心うたれます。。
komichi
2010/09/16 12:49
都内でもカワセミが見られるなんて素敵ですね。鳥達の営みを眺めながらまったりとした時間が過ごせて最高でしたね。こんな時間を持って気分をリフレッシュして、次にチャレンジ出来る事は良いことですね。
もこ
2010/09/16 19:48
鳥が喋れたら、案外あたっているかも・・(笑)
 自然界の掟は非常だが
こうやって拝見していると、
 ひがな一日が貴重に思えますね♪
 
千水
2010/09/17 19:51
こんばんは。
水辺のそれぞれの野鳥の営みが良く分かります。
カワセミなんですが、一羽はオスですね。
もう一羽が子供なのかメスなのか判別しません。
私の近くの野川でもペアのカワセミが餌を狙っていました。
kagi狸
2010/09/18 23:17
カワセミ、上手く捉えましたね。
私の街の市鳥になってるのですが、未だ一度も見かけたことはありません。
自然界の生き物は、まず餌を探すのに必死なのでしょうね。
あとは敵に襲われぬよう身を守り、子孫を残すことでしょうか。
ハーモニー
2010/09/20 16:14
カイツブリは水草の上に巣作りをして子どもを育てるのですね。
京都の広沢の池にもよく見かけるのですが・・・こんな近くに子育てしている風景は見られません。
池に顔を出したところにカメラでも向けようものならすぐ潜ってしまいますよ。
Tatehiko
2010/09/20 18:31
こんにちは。猛暑が続いていますが 
お体に気を付けて頑張って下さい。
猛暑を忘れるような画像を説明を辿りながら
楽しませて頂きました。
ミズナツキ
2010/09/21 14:54
◇オコジョさん♪
こんな風に鳥とおしゃべりして過ごす時間はほんとまったりと流れます。家から一番近い公園です。前の職場をもう少し行くとあるのです。ただ公園内が広いので、車で行くしかなく、また車からも相当歩きます。健康にはいいのでしょう。カワセミをじっくり眺められるのもここのいいところです。狭い空間なので写真も撮れます。ガラスのこちら側から見ているので、いい写真にはなりませんが。この猛暑日、クーラーの利いた観察舎はありがたかったです。トイレを借りて中に入ると生き返りました。
そちらにもカワセミのポイントはあるのでしょうね。
ののはな
2010/09/22 20:32
◇湖のほとりから...さん♪
そうなのでしょうね。ようやく3羽が孵ったのです。1.5倍ですよね。人も最低2.3人産まないと人口減になるのでしょうね。これからの世の中にあまり明るいものが感じられないわたしには、はじめて孫が生まれたときは戸惑いましたが、今はその孫たちの時代が暮らしやすいよう祈るばかりです。
ののはな
2010/09/22 20:35
◇komichiさん♪
そうですね。こうした自然界の生き物を見ていていつも思うのは人というものは、地球のやっかいものなんだなってこと。もちろん里山などでは人と共生して生き方のスタイルを決めている生物もいますが、きっと本来はいらないものなのかもしれませんね。けなげな姿にこの池に集う人たちは、みな憂き世を忘れています。
ののはな
2010/09/22 20:38
◇もこさん♪
そうですね。気分を変えるにはこうした水辺はいいです水面を渡ってくる風は心地いいです。都内といってもこの池の対岸は埼玉県になるのかしら。千葉県に長くいて自然とたわむれることを覚えた私にとって、引っ越してきた当時は貴重な自然でした。
ののはな
2010/09/22 20:42
◇千水さん♪
そうです。きっと鳥たちは本能の命じるままに素朴に生きているのでしょう。そう思うとここでは気持ちが安らかになります。
過日、家の近所でたくさんののらちゃんおの子猫が産まれました。そして先日烏が騒いでいると思ったら、一番弱い子猫をつかんで上から落として、それを烏が食べているのです。多くの烏が集まって電線の上からぎゃぎゃあ。たしかに自然の掟は・・・
ののはな
2010/09/22 20:46
◇Kagi狸さん♪
そうですね。左にいるカワセミの毛並みがまだ十分そろっていませんね。幼鳥なのでしょうか。それとメスだってこと教えていただきありがとうございました。下の嘴が赤いのがメスなんですね。今回じっくり観察できてよかったです。たまにはこうした有名なカワセミの里に行くのもいいものですね。野川でペアのカワセミの姿見られましたか。いいですね。メスの色合いはこの鳥よりはっきりしていたかしら。
ののはな
2010/09/22 20:49
ののはなさん、詩人ですねえ〜
鳥の世界の素敵なお話、ほのぼのとした気分にさせて
頂きました。
カワせミを見事に撮られましたね。
都内でもカワセミが見られるのですね。
水辺で鳥たちの姿を見ながら、ゆったりとした時間を
持てる。また、明日への活力につながりますね。
いつもばらいろ
2010/09/23 12:42
◇ハーモニーさん♪
そうなんですか。こうした水辺がないのでしょうか。カワセミが魚をとる池はきっとあると思います。
そうですね。わたしも長い間鳥が好きといいながら、ゆったりとした時間がなくこんなにまったりと過ごしたのは久しぶりでした。そうして見えてくる鳥の生きざま。もっと早くにこうした時間を持ちたかったなって想ったり。でもこれからの楽しみがあっていいいかもって思ったり。
ののはな
2010/09/23 23:38
◇Tatehikoさん♪
広沢池にもいるのですか。そうですか。Tatehikoさんのように運のいい方でもなかなか会えませんか。警戒心が強いのですね。こちらは保護区なので鳥も安心しているのかな?そんなこと鳥は知りませんよね。鳥にわからないように保護色でいるとか、帽子にスカーフで肩のラインを消すとか、昔はいろいろ苦労していたことをふと思い出しました。今は足音を忍ばせ、木陰からそっと覗くようになりました。きっといつかいい日がきますよ。
ののはな
2010/09/23 23:42
◇ミズナツキさん♪
ほんと昨日まですごい暑さでしたね。ちょうど11時に次の職場に移動するので、じりじりと自分が影まで焦げていくような気持でした。
たしかにこんな水辺は風も少し気持ちいいです。ミズナツキさんもほんとうに体調を崩されませんように。また急激に気温が下がりましたからね。
ののはな
2010/09/23 23:45
◇いつもばらいろさん♪
お客様が多くてお忙しかったでしょう。それなのにわざわざお越しいただいてありがとう!いつもお元気でうらやましいです。元気の秘訣はなんでしょうね。カワセミ、都内にちゃんといるんですよ。ただし埼玉との県境ですが。
ここは駐車場の料金が高いのが欠点ですが、家から一番近い公園です。でよく足を鍛えるために出かけます。子どもが小さかった頃、自転車で出かけて帰りはへばったものです。
ののはな
2010/09/23 23:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
まったりと過ぎる時のなかで 静音の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる