草原のなか つかの間の自由




charlie haden & pat metheny
Two for the Road


母はデーサービスにでかけた
今日はカラオケ大会
母は「若いふたり」を歌う予定
わたしは大急ぎで買い物をすませ
矢切に出かける

画像

草原に降りた
風が草をゆらし
草が心をゆらし
足下から立ちのぼるものが髪をゆらす

草原のなかにしゃがみこむ
わたしは小さな人になる
心が澄んでゆく
都会生活の疲れが消えてゆく

いつしか
小さな虫たちの世界に入り込む
テントウムシのように
草をよじ登り
羽根をひろげる

アカツメクサの花もお菓子のよう
こんな草原に孫を連れて来たらおおはしゃぎするかな
と現実にかえる
「おばあちゃんのカップお花がついている。
ずるいよ。いっちゃんも飲んでいい」
って先日言っていたっけ
今が情操の育つ時期
画像

あっ、こんなところにみっけ
ヘビイチゴがかくれんぼ
いっちゃんがおいしい飴と間違えて
小さな口に入れてしまいそう
春の草むらにはみんなの生がぎっしりだ

アオスジアゲハも大忙し
ヒメジオンに止まっては
「あ~あ、雨が降り出す前にみんなの分まで蜜を集めなきゃ」と次の花へ


画像




  かわいいものだけでなく
 この藪には多くの生き物たちがいるのだろう
 突然の闖入者に驚いて
 引き潮の今
 沼のようになっている小川に
 どぼん!
 今のはだあ~れ
 ま・さ・か?
 足下に
 ヘビの脱け殻がある
 すごく長い
 こんなのが生きているんだね



画像














    
 わ~おいしそうなキイチゴ(モミジイチゴ)
 思わず摘みたくなる
 白い五弁花にほおずりしたくなる
 わたしの心はもう子どもだ
 あと30分で帰路につかなければ
 でも、もうちょっと
 わたしに自由を与えて

画像












画像
 あら、何年ぶりかしら
 スイカズラよ
 米本に住んでいた頃
 いつも会っていたね
 懐かしい知古に出会ったようで
 思い出に
 わたしはもう動けない






今日はよかった
思い切ってでかけて

ここ数日すごく疲労がたまっていたから
出かけるのは無理と思っていた
でも逆だった

昨日は仕事から帰ってきたら
もう口をきく元気もなかった
母がここ数日、食欲がなく
わたしの作った物もあまり食べてくれなかった
「梅干しととろろこんぶでご飯を食べる」
「胡麻豆腐だったら冷たくておいしい」
とままごとのような食事

今朝はすり下ろし人参入りの蒸しパンを作ってみた
おいしいと食べた
ほっとした

明日から
母はショートステイだ
「わたしが移動教室のお仕事の間、ホテルにいてね」
と言ってあるが、あまり理解していない
それでも母の目の前で荷物の準備
昨夜は母の寝室の窓を閉めるのも忘れて寝てしまった
で、あわてて六時に飛び起きた
なんと、母はひとりでトイレに入っていた
先日のそそうが相当プライドにこたえたらしい
「わたしだってがんばっているのよ」と言う

画像


月曜から
二泊三日の移動教室
生徒たちとのたのしい宿泊
演芸大会も楽しみだ
練習したダンスもうまくいくかな
それにはまずこちらの体力だ
母に負けずに
「わたしだってがんばっているのよ」
と胸がはれるように
精いっぱいに
最後の移動教室...

さよならの日
何を語るかをつねに考えて生きよう

この記事へのコメント

2008年05月25日 22:25
草原っていいですね。
子供のころの気持ちに帰りますよね。
でも足元には十分注意してくださいね!

悔いの残らないように、がんばりましょう。
2008年05月25日 22:51
こんばんは。
思い切ってお出かけになられて良かったですね。
毎日お仕事で外の空気をすってらしゃるとは思いますが、又違いますものね。
素敵なところが御近所にあるので羨ましいです。
「木イチゴ」子供の頃に「木イチゴを沢山摘んで 一年分のジャムを作り 其れが子供のおやつになる」と云う外国の童話を読んだことがあります。
今でもその童話が大好きで大切にしまってあるのですが、ナカナカ童話のようにジャムが出来るほどの木イチゴを見たことがありません。
私もおとぎの国へ行ってみたいです(*^-^)♪
2008年05月25日 23:57
へびイチゴ、最近見た事なかったので、すごく懐かしかったです
でもこれは食べれないんですよね
木イチゴもありましたね
でも、多分、皆さんが知らない野生のイチゴで、
「海イチゴ」ってあるんです
これはすごく甘くてやわらかくて、すごく美味しいんですよ
他ブログで、たまに書いたことあります(笑)

摩り下ろしの人参入りの蒸しパンを作られたり
ののはなさんの細やかな愛情・・
おかあさんにも、きっと伝わってるはずですよ
そう、思うな・・・
2008年05月26日 06:43
ののはなさん お早う御座います
移動教室も楽しみの一つ、お母様もショートステイ、人様にあまり頼らず頑張ろうとしているお母様の姿が目に映ります。素晴らしい母子愛が感じ取れます。
2008年05月28日 12:27
今日は♪大好きな小道を歩き小さな野草や野花に出会える至福の時
「時間よ止まれ!」といつも声を出してしまう私です
つかの間の時間だからこそ貴重な心の洗濯ができるのかも知れませんね。
お母様がディやショートを利用され楽しい時間をお互いが持てることは これも至福の時ですね。
ディではそれぞれの才能や個性を発揮されたり、新たな挑戦をされたり、素晴らしい作品を作られたり、場がいくつもありお母様が素敵な体験をいっぱいされ、元気になられこれから益々素晴らしい時間をお互いが過ごされることを思い描いています
家族にとってショートスティがあることも多いに励みになりますね♪
私事ですが長い間介護職にいました。
ののはなさんのお気持ちが手に取るようにわかってしまう(勿論想像ですよ 笑)その上我が家の義母と家族との姿が重なり、もう人事とは思えません(笑 汗!)皆で支えあいましょう! 沢山の手で支えましょう! 介護の理想を追いかけましょう! 矛盾だらけの介護ですから。。。また支離滅裂でしたね。 すみません!
素敵な時間をこれからもいっぱいとって楽しんでくださいね♪ 
2008年05月29日 00:40
コケコさんのコメントがすべてを語っていますね。
もう言う言葉は見つかりません。
草木に元気をもらって、
野の花さん頑張れ!
悔いのないように、仕上げを・・・。
ののはな
2008年05月29日 21:49
◇pale moonさん♪
春の草原もいいもの。暑くないのでいくらでも遊んでいたくなる。
寝ころぶのもいいわね。でもたしかに足下気をつけないと...
想像するにおおこわ。
ののはな
2008年05月29日 21:51
◇マリーさん♪
木イチゴのジャムですか。よさそうね。今度挑戦してみようかな。
こんな空気のいいところにいると疲れがとれます。大好きなところ。
ののはな
2008年05月29日 21:54
◇風子さん♪
海イチゴってあるのですか。海辺にはえるのですね。
わあ~すごく好奇心がかき立てられて、行ってみったくなります。
来年は明石に行くぞ~計画を立てています。
母の朝食作りには時間との勝負もあり苦労しています。
ののはな
2008年05月29日 21:56
◇chiharuさん♪
天候に恵まれた3日間、福島で過ごしてきました。最高に楽しかったです。ただ、母は哀しかったようで、家に帰ると抱きついて泣いて泣いて...
ののはな
2008年05月29日 21:59
◇コケコさん♪
>大好きな小道を歩き小さな野草や野花に出会える至福の時
「時間よ止まれ!」といつも声を出してしまう私です
ほんと、コケコさんとわたしは同じ心境です。
そうですか。コケコさん、そんなお仕事されていたのですか。だからいろんなことおわかりになるのですね。そうみんなで支え合わなければつぶれてしまいますね。コケコさんもお家の方大変ですね。でもいつも前向きで学ばさせてもらっています。
ののはな
2008年05月29日 22:01
◇ろこさん♪
そうですね。同感です。悔いのない移動教室から帰りました。また報告したいと思います。
2008年05月29日 22:13
不思議の国で、背丈が小さくなったような、素敵な写真ですね。
スイカズラは色が金色に変わって、金銀草とも言うそうですね。
「わたしだってがんばってるのよ」には、勇気づけられます。
悔いのない移動教室、報告が楽しみです。
ふうらん
2008年05月30日 06:57
お天気がよければ、こうして草むらの探検もきっと楽しい筈です!
沢山の花や実を見つけられましたね!ヘビイチゴなどは最近見掛けなくなっています。有る所には有る? アオスジも飛び回っているのですね!
ちゃんとGETしているし、収獲も多いのでビックリです。スイカズラは先日見た時は黄色になっていました。赤兵衛さんの言うとおり、色が変わるのかも?植物の世界の面白さ、不思議さがタマリマセン!
2008年05月30日 21:32
こちらはののはなさんのお気に入りの場所でしょうか。当たり前のような原っぱが懐かしいですね♪
お母様はののはなさんと離れて心細くなってしまわれたのでしょう・・・
でも、ののはなさんの時間も大切なもの。。
2008年06月01日 20:53

今晩は!なんか完全に自分の世界に入りきってるそんな感じですね。
でもお母さんの事、自然の世界に対する心の中の様子が手に取るように伝わって来ます。

必ず来るさよならの日、、、90歳の母から言われたい言葉。「幸雄(本名)ありがとうよ」です。
今も養老院の費用を一生懸命(本当にお金に余裕がないんです)送っています。毎週下関まで電話をしています。

この心が伝わってくれればと思っています。

2008年06月03日 14:25
移動教室は、どうでしたか?
最後だったのですか?
ブラッと出かけて、こういう草むらに入り込めるのですね。
物語のワンシーンのようです。
よしさんとのこと、仕事でのストレス、お孫さんへの想い、現実と草むらで見た夢が、私にも伝わってきました。
実際に自然の中で一人で戯れることで癒されることが、分かりますし、先日写真を撮ってから、アップにして撮った写真と語りあえることも分かったような気がしています。
きっと、毎日が、あっという間に過ぎていることでしょう。
体に気を付けて下さいね。

2008年06月03日 19:56
お母さんのプライドが、私にもよくわかる気がします。
気丈にトイレを済まされているなど拍手です。
移動教室のお話などもされるのですか?
草むらのへび苺も、赤つめ草もいいものですね。
足腰の具合で、もう出かけられないお母さんにも懐かしい心休まる風景でしょうね。
ののはな
2008年06月07日 13:37
◇赤兵衛さん♪
返信遅れてしまいました。不思議の国のアリスになった気分です。
黄色になったら、金銀草というのですか。始めて知りました。いい香りがしますね。移動教室いい風景がいっぱいでどれを載せていいのか迷っています。
ののはな
2008年06月07日 13:39
◇ふうらんさん♪
もう梅雨入りですのでなかなかこうした草原へも足が向けられなくなりましたね。貴重な1日でした。そちらではヘビイチゴはあまり見られませんか。
ののはな
2008年06月07日 13:45
◇komichiさん♪
家からは江戸川を軸に線対称近くの場所になります。川1本が発展を妨げ、わたしの大切な場所になって残っています。退職しても母がいるので遠くへ引っ越すわけにもいかず...でも先日80歳になった友人から手紙が届いて終の棲家を見つけて引っ越したと。わたしにも夢がわいてきました。小さくても和の感じの庭を造って眺められるお部屋で、友人や子どもたちと、のんびりお茶して数学を学べたらいいな。「映画博士の愛した数式」の舞台は京都の嵯峨野の奥ではないかと思っているのですが、あれは夢過ぎるので、それよりかちょっと現実的なところで。komichiさんは今そんな夢を実現されたのでしょう。いいな~
ののはな
2008年06月07日 13:51
◇羅輝さん♪
そうですね。おっしゃられるとおりですね。
わたしは2年前に父を亡くしましたが、後悔がいまだいっぱい。でも最後まで父は母を心配し、「母さんを大切に..」といって亡くなりました。
昔の男の人は娘に対しても感情がストレートではなく、わたしは何十年も父と親しく口を聞いていませんでした。それだけに...今いろんな感情があっても母に対してやれることをやりたいと。毎週お電話されるなんて、ほんとに心優しいのですね。心温まる気持ちになりました。ありがとう!
ののはな
2008年06月07日 13:57
◇マイルドさん♪
学会での発表の成功おめでとうございます!
わたしは子どもの頃、家は町の真ん中でしたが、昔のこと故、5分も歩けば田圃があり、自由に遊べる川や原っぱがありました。
そして教員になった年に、千葉の印旛沼付近に住み、休みの日にはザックに野冊やルーペ、軍手にビニール袋、小さなシャベルなどなど入れて、千葉県内の歩けるところをどこまでも歩き回って、お金のかからない遊びをしていました。あの頃のことがわたしの原点になっているようです。
で、こうした原っぱにいると、なぜか心がきれいになるのです。
だから、こうした自然は次の世代にも残してあげたいのです。自然を知らないものは、自然を守ることも知りませんので。
ののはな
2008年06月07日 14:03
◇Tatehikoさん♪
そうですね。母のプライド大切にしたいと思います。
結局、わたしが移動教室に出かけている間、母をショートステイにだしていたのですが、かえって来るなり、夫に泣きついたそうです。夜わたしがかえるまで起きていると駄々をこねて、で、2回もわたしに抱きついてやっと納得して眠りました。で、それ以来、お漏らしはゼロです。大きな方方は後始末がうまく出来ず...
2008年06月08日 11:15
間違えました。
>スイカズラは色が金色に変わって、金銀草とも言うそうですね。
正しくは“金銀花”で、生薬の名前としても定着しているようです。
ののはな
2008年06月09日 22:26
◇赤兵衛さん♪
わざわざありがとうございます。生薬ですか。
「金銀花」ですか。覚えておきましょう。

この記事へのトラックバック